任意売却の無料相談なら任意売却110番

任意売却住宅ローン

住宅ローンの組み替えについて

住宅ローンの組み替えの際にかかる費用についてご説明します。

借り換えは、現在返済中のローンを全て返済して、別の金融機関から新たにローンを借り直すことです。従って、現在のローンを一括返済する手数料と、新規の住宅ローンにかかる事務手数料や保証料などの諸費用がかかります。金利水準の比較に加えて、これらの費用をいかに抑えるかが借り換えを成功に導く重要なポイントになります。現在のローンを一括返済するための手数料は、一般に数千円~3万円程度であり金融機関による差はそれほど大きくありません。それに対し、新たな住宅ローンにかかる諸費用は、金融機関の選び方で数十万円の違いとなるケースがあります。諸費用のうち最も金額が大きい『保証料』が必要か否かで負担する費用が大きく変わるからです。



【POINT1】
初回相談(1時間)は無料となります。お気軽にお問い合わせください。

【POINT2】
2回目以降のFP(ファイナンシャルプランナー)、MP(モーゲージプランナー)の元へ出向いてのご相談は
1h/5,250円 ※出張の場合は交通費別途請求になります。

【POINT3】
ローンの提案を含む相談は15,750円~52,500円となります。

【POINT4】
住宅ローンあっせん手数料は融資実行金額の2%(税抜)となります。

※別途、通常の売却に必要な印鑑証明書、住民票取得、郵送費用等の費用(数百円~千円位)と、新たな生活を始める資金(賃貸住宅等入居時費用、引越費用等)は必要になります。

任意売却110番ではファイナンシャルプランナーとモーゲージプランナーが高い知識と豊富な経験のもとお客様の住宅ローンの悩みを短期解決致します!
住宅ローン返済が苦しくなってきたら早めに任意売却110番にご相談ください!